がん友☆カフェ☕ 12月

『がん友(とも)☆カフェ』12月、開催!
このHPのみでご案内。
(いつもの気まぐれ開催です(^^;)

語る・聴く・触れる・感じる・味わう… 
そんな素敵な時間☆彡
温かなご縁が繋がりますように。

マイムマイム♪・友と共に


【お知らせ】
◆日 時 :
①12月 5日(水)13:00~16:00
② 1月23日(水)13:00~16:00(次回予定)
◆場 所 : 「三容楽座☆しまね」 食と語りの部屋
◆ご案内: 池田 祐佳子〔三容楽座 代表〕
◆対 象 : がん治療中の人、がん経過観察中の人、がん経験者
◆内 容 : 体験など情報交換。夢・希望・人生♪も
語り合い、聴き合い、分かち合い
タッピングタッチ体験〔自分の楽な姿勢でできます〕
◆参加費: 5百円
〔お茶・身体に優しいコーヒー・お菓子代〕
◆お申込み・お問合せ: 「共病・共感楽座」
三容楽座HP. お申込みフォーム
携帯 090-1073-1913 (池田)

何の準備も要りません。
居たいように居る、
語りたいように語るだけ。

感じたいように感じる、
横になりたい時は横になる、
そんな場所♡

それが「共病・共感楽座」です。

どんな出会いがあるでしょう。
どんな場になるでしょう。
楽しみにお待ちしています。
…………………………………

私のこと

案内人の池田も約4年前「がん」の告知を受け、
いろいろ経験。
今も経過観察中。

主治医によると10年は診るとのこと。

がんの告知の時、
「死」を意識した。
心静かに受け入れた。
思考・想像の範囲だったと思う…

それより、現実的に大変だったのは
放射線治療の影響で肺炎になったとき(今も治療中)

検査データーと自覚症状の凄さで、
“この肺炎、このまま行けば「死」”と実感。

最初の病院に入院して治療した時
数種類の抗生物質の効果はなかった。

呼吸器センターのある大きな病院に転院。
紹介状、前病院のデーター確認、
気管支鏡検査のあと
ステロイドの治療が始まった。

それしか選択肢はなかったんだよね。
今も内服しながら定期受診、共病中。

がんについて
がん家系の家族を見ると自分も…
と想像した。

だから、告知されても驚かなかった。
「あら、私にも来ましたか」と思いながら、
先生からの説明を受けた。

疑問に思うところは、遠慮なく質問。
確認しながら主治医の言葉を受け入れたり、
治療方針をお断りしたり。

が、がんでステロイド治療は想像の中になかった。
本当にショックだった。

ステロイドは始めたらやめられない、治療経過は長い…
そんなイメージだった。
副作用・合併症治療の大変さを思うと落ち込んだ。

がんも肺炎も、治療について選択の連続。
仕事の進め方、日常の動きについても、
いつ・誰に・どのように伝えるかも選択。
このホームページに載せることも選択(^^)

「がん」のお陰様で貴重な体験を重ねている私。
これまで見えなかったことが見えて、
感じられなかったことを感じられていると思う。

病気を経験し、これまでの経験があるからこそ、
できることがあると思った。
自分のこだわりを大事にして、
自分らしく行動に移すことは楽しい♪

『がん友☆カフェ』も今やりたいことの一つ。
私のために開くことにしました。

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。