富川悠太さんを参考に、各局が✨

病室から見える、今日の朝日


先日、テレビ朝日の「富川悠太アナウンサー」のことで私見・私感を書いた。
富川さんは、今も自宅待機、自粛中。

4月12日に新型コロナウイルス感染の発表があり、色々いっぱい色んなことを言われました。
今も心配しています。勝手に^_^;

各テレビ局は、富川さんの感染発表、感染から休養の流れを参考に学習して?
同じことが起こらないように注意深く対処している。(ように感じる)

4月24日は、「ひるおび!」(TBS系)を担当する江藤愛アナウンサーが、体温が平熱よりも高いとして欠席。
4月27日には、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)を、櫻井翔さんが体温が平熱よりも高いと欠席。

他の出演者は、とっても心配し「お大事に」「無理しないでね」と労る。
ネットでのコメントは「素晴らしい!」「それが社員を守ること」みたいなことを書いている。

お二人共、今は問題ないと報告があり、みんな「よかった」とホッとしている。
江藤愛さんは、私の好きなアナウンサー♡
今日29日から番組復帰。
よかった(^^)

NHKなどメインのニュース番組は、出演者を二班に分けたり、番組関係者も働き方改革が進んでいる。とか書いている。

『新型コロナウイルスの流行以前はあまり見られなかった、これら、出演者が「大事を取って」欠席するという現象。以前であれば、それこそ37度台の熱であれば、無理を押してでも出演していたタレントは多かったことだろう』 との記事もある。

富川さんがそうだったのだ。
ただ、それがこれまでにない感染症「新型コロナウイルス」だったために、それを報道し注意喚起する立場の人だったから、ご本人が感染して批判の的になってしまった。

困った出来事は、何でも1号は大変で、本当に問題行動や発言もあるが
時に犠牲者だと思うこともある。

その事の報道の様子や、世間の反応、専門家の意見を参考に同じような業種の人たち・関係者は気をつけたり対策を練ったりする。
注意するし同じことは繰り返さないよう知恵を出す。

今日、赤江珠緒さんが肺炎で数日前から入院されているというニュースがあった。
まだ幼いお子さんのためにも早くの回復を祈ります。

ご主人である「報道ステーション」のチーフディレクターの方は、退院されたそう。
本当によかったです。

このことに関しても、富川悠太さんは「番組に戻りにくくなったね」などマイナス系のコメントばかり。

不思議だ。
番組制作のトップは誰?
その人も出るか休ませるか判断する責任はないの?
そのことはテレビ局も含め誰も言わない。
ファンを離れて、一視聴者として観ても変だと思う。
そのことに誰も触れない…

現場責任者が犠牲者のようになっている。
富川さんが加害者のようになっている。
何なの?何が起こってるの?
テレビ朝日の中で、新型コロナに関係ない深い何かがあるの?

先日のブログでも「富川悠太アナウンサー」のことを書いたけど、誰が悪いと言っているわけではない。
みんな良いものを作りたくて・伝えたくて頑張っている。
動機は悪くない。やり方・方法、臨機応変の判断が上手くいかなかったということ。
簡単に判断できないね。
初めての体験だもの。

誰かを傷つけようと思って番組を作っているわけではないし、
もしかしたら、ただの風邪だったかもしれないし… (と思ってもおかしくない)

「みんな良いものを作りたい!」と思って取り組んでいる。
が、真面目に取り組んでいることでも、良くないこと、困ったことが起こることはあるのだ。
良い方なら嬉しいけど、その反対で1号になる人は辛い。

この度の富川悠太さんの出来事、テレビ朝日報道局の対応は、
今、多くのテレビ関係の人たちのお役に立っている。(そう見える)
新型コロナウイルスについて、社員を守るために新たな感染予防対策の参考になっているのは事実。
会社の姿勢を通して、自粛、感染予防を視聴者に見せるためにも役立っているはず。

ほとんど読まれていないブログだけど(だから^_^;?)、
江藤愛さんや櫻井翔さんの記事を読んで、富川悠太さんを思うと何だか悲しくなって私の気持ちを書きたくなった。

富川悠太さんも濃厚接触者で陽性の関係者も、絶対にみんな回復して元気に現場に戻っていただきたい♡
もっともっと良い番組を私たち視聴者に届けていただきたい♪

病院の廊下から見える、今日の夕日


人のことを心配している場合じゃないか
おばちゃんは、リハビリ頑張って社会復帰できるように自分のケアが第一だったわ^^;
で、人の心配をするぐらい、回復しているとも言えるね(^^)

遠くから心配し見守り、いつか会える日を楽しみに静かに待つことにしよう。
夕日に祈りました。

※一ファンの気持ちを自分のために解放✨
このことは、おわり

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。