’20 4月の絵「希望の桜🌸」

希望の桜🌸 今を大事に みんなで祈ろう


動物画家・かつや画伯の4月の絵。
いつもながら可愛い♡
「希望の桜🌸」と名付けよう。

お花見♪
今の時期は、夢と希望に満ちて、
桜を観ることが多いと思う。

幼稚園・小中学校の新入学、新学期
集合写真は、桜の樹の下で撮った。
優しい陽射しを受けながら、
ちょっと肌寒い、そんな季節⭐︎

家族や地域、職場、友人…
仲間と親交を深めたり、
一人で楽しむことも自然にあった。

時に一人で、時に誰かと一緒に
桜を楽しむ時期であったはず…

昨日、年度末の川沿いの桜🌸
誰もいない… (私は用事の帰り^_^;)

静かに咲く、松江市玉湯町の桜🌸 


今年は、違う。
「桜は来年もあります。逃げません。
今は、不要不急の外出自粛を心がけ、
それぞれが気をつけて協力しあって
この窮地を乗り越えましょう」
と、有識者・専門家さんが
報道番組でコメントしている。

先週末、花見で有名な上野公園など
都立公園は、封鎖された。

若者の街、渋谷でもフッションビルは、
ほとんど閉店。
「三つの密(密閉・密集・密接)」
を避けるため。

新型コロナウイルスの感染の広がり、
混乱、二次被害などなど、
それぐらい大変なことになっている。

クラスター、パンデミック
オーバーシュート、ロックダウン
最近は、スタグフレーション
途上国で特に問題になっている
サイレント・エピデミック(静かな感染拡大)
耳慣れない言葉がいっぱい!

最初、こんなことになるとは、
ここまで広がるとは、
誰も思わなかった…
世界中が初めての体験。

歓迎会、お楽しみ会など複数で
いつものお花見🌸はできない。
それぞれに注意深く、まず自らを守り、
今の季節を味わいたい。

私は、島根の自然の豊かさに癒され、
人の動き方にも感心、関心^ ^
元気をもらっている。
これは免疫力が上がる⤴️

4月、新学期
自分に、家族に、社会的に
何らかの変化がある人が多い。

喜びは、喜びとして感じ、
緊張、気がかりも流さずに
我がこととして受け止めたい。

日々変化する新型コロナの情報に
心を向けながらも、気分一新!
健やかに、爽やかに、穏やかに
希望の一歩を踏み出したい👣

新たな年度の始まり✨
来年の今頃、少しでも「イイ年だった」
と思えるように過ごしたい。

【イラスト:動物画家・田中克弥】

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。