杉玉づくり

昨日、「杉玉づくり ワークショップ」に参加した。
早起きして岡山の義実家の町に。
関心のあること、やりたいことには早起きできるんだなあ。

今年で7回目とのことだけど、私は初めての参加。
30人を超える参加者で、毎年参加される方もいらした。

和気あいあい、杉玉づくり


ブルーシートを敷きつめ参加者の前にドサっと杉の枝を置く。
杉を差し込む丸い金枠ボールも手作り。
どれだけの手間暇をかけて準備をして下さったのだろう。

材料は、全て先生が準備。
杉もご自分の山から切り出してくるそう。

設営や後片付けには先生の関係者やお仲間が手伝って下さる。
あとでお話したとき「この手伝いがないとできん。これがあるからやれるんよ」と。
みんなが座る板や支える台も先生の手作り。

それぞれが色んなお話をしながら、和気あいあい♫
お互いに確認したり教えあったり、褒め合ったり(^。^)♡

先生と完成前・完成後の見本


ユーモアがある先生♫だから、より楽しい。
奥様やお仲間の何気ないサポートもあり安心。

一枠一枠入れ込む杉枝


杉玉の途中 ここまで2時間(^^;;


吊り下げカット、もう少し!


困った時は、遠慮なく先生を呼ぶ。
来て下さると指導と共に「神の手」を入れてくれる
私も度々入っていただいた(^^;)

一枠一枠杉の小枝をつめていき完成したときはモッサモサのフッワフワ。
最後は、竿に吊ってどんどんカットして丸く整えていく。

杉玉 完成!


出来上がり、思いがけずイイ♡
片付けは受講生みんなで協力。
最後にみんなで自分の杉玉を持って記念写真を撮ったけど
杉玉というより、マリモにも見えた(^。^)

見ながら皆さんとコーヒーを飲んで余韻に浸っていると
そこにお世話になっているご近所の建築屋さんが。
写真に残してプレゼントさせてもらった。

私が住む集合住宅では、ちょっと似合わない。
久しぶりのほのぼの笑顔に出会い、あげたくなったんだなあ。
もらって欲しいと思った、が正しいかな(^^;)

何とも楽しい時間をありがとう!
感謝、感謝♡

今回の「杉玉作り」参加は、今年4月マンホールの写真を撮ったことがきっかけ。
「マンホール女子 ではないけれど」のタイトルで載せた記事がある。

杉玉づくりの縁はここから♪


義実家のそばで、宿場町らしいマンホールの蓋を色んな角度から撮っていた時、
「何しよん?」「何かあるんかな?」と声をかけられ、お話をしたことから。
先生は、磨いた杉の丸太をお客様のところに届けにいく途中だった。

先生の畑さん、私より年上で林業の技で匠の色んな賞を頂いた偉い人。
人懐っこい(失礼σ^_^;)笑顔で、杉の魅力、杉玉づくりのことを話して下さった。
4月に聞いて一番に申し込んだ。
この日を楽しみにしていた(^^♪

今回も良いご縁、好い日(^ ^)♫

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。