9月の絵「お月見🎑」

中秋の名月🌕 感謝♡


動物画のかつや画伯の9月の絵。
ウサギさんがのんびりお月見
ホッコリ🐇♡

若い頃は(いつのことだ?^_^;)
「中秋の名月」の行事に
時々呼ばれて参加していました。

催事に浸るというより、仲間に会って、
美味しい食事を頂いて
語り合う楽しい時間♫

雨が降っても集まって、
でも、お月様はそこにあったんだよね、
観えないだけで

改めて、意味を調べてみました。
・中秋の名月🌕
旧8月15日、毎年変わるんですね。
今年は9月13日。(十五夜)

・月見団子
丸い団子で月を表現。
芋類や豆類を飾ったりもしたが、
それが今は団子になり飾られている。と

・ススキ
収穫前なので穂の出たすすきを稲穂🌾に
見立てて飾ったと言われているそう。
秋の豊穣、収穫の感謝を込めて飾る。

魔除けの意味でも飾るそう。
古くからススキは神様の依り代と
考えられていて飾る。

昔の人は、感謝の気持ちを、
自然に合わせ、旬のもの・季節の物、
有るもので表していたのですね。

風情があるなあ
かつや画伯が描いてくれた絵で、
季節を感じさせてもらいます。
浸ります(*^^*)

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。