滋賀県・長浜の旅 

昨日は、心理を学ぶ仲間と「琵琶湖の湖北、長浜」に
大人の遠足でした。

雪の時は徐行が当たり前の新幹線「米原駅」から
2,30分の場所ですが、
雪もなく動きやすかったです。

まず、今回の旅の一番の目的地、
十一面観音像のお寺に向かいました。

十一面観音像(前面)


十一面観音像(背面)


向源寺の『国宝・十一面観音像』(写真はハガキです)、
魅入りました。
本物は凛として、しなやかでもっと美しいです♡

手を差し伸べ、
今にも慈悲の心を体現しそうな感じです。
前後・左右・斜めから…、どこから観ても
美しく動きや気の流れを感じます(私感^^)

『湖北水鳥公園』も行きました。
旅に出て側に水鳥公園があれば、
必ず寄ります。
白鳥など冬の水鳥たちに出会い幸せ♡

近江牛のランチタイムでは、
それぞれの近況を語り死生観を語り、
聴けば意見を伝える。
好い時間♪

長浜・盆梅展


長浜・盆梅展


次に、これまたずっと行きたかった
『盆梅展』(長浜市)へ。

写真でも観ていたけど
盆栽の想像をはるかに超えた
立派な盆梅ばかり

お抹茶を頂きながら、
春の気配をじっくり感じました。

今日一日、それぞれの経験・思いに関心(感心)を持って
色んなお話をしました。

美しいものを観ながら、
自然に触れながらのお互いさまの
「自然カウンセリング」を感じました。

身体には心地よい疲れ、
心には爽やかで温かな風が吹きました。

今日の遠足を計画してくれた
仲間の一人が言いました。
まさに今日の会話は『切問近思』だと。
「今の時代だからこそこれが大事なんだ」と。

『切問近思』:「切せつに問といて近ちかく思おもう」と訓読する。
「切問」は熱心に問うこと。
「近思」は自分の身について反省すること。自分の身のまわりから考えていくこと。
まだ知らないことを身近な問題として取り上げ、熱心に問いただして考えること。

貴重な時間でした。感謝o

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。