石巻市・女川町 里帰り「イルミネーション✨」

石巻市宮崎建設(個人)の光


先日の宮城県石巻市・女川町の里帰りで色んな場所で
綺麗な「イルミネーション」に出会った。

本当に綺麗で、飾り具合で
今の復興の状況を教えてもらえる。
石巻でも、女川でもいくつかのキレイなイルミネーション
を見せて頂いた。

感じたことがある。
色んな場所でイルミネーション飾りに出会った。
“復興が進んでいる、灯りが増えたなあ♫”

公の灯り・個人的な灯り、いろいろ。
ゆとりを感じる灯り、人を思う灯り…

光・灯りは、元気をくれる。
心を温めてくれる。
今・現実を見せてくれる。

時にはまだ見たくないものも目にさせられる
こともあるかもしれないが…

8年前、あの日から2ヶ月後、初めて石巻市を訪ねた時は、
避難所や宿泊場所など現地で最低限の灯りを見た。

半年後、訪ねた女川町の夜は、
総合体育館避難所、病院と町役場の灯りが印象に残っている。
あとは、車の灯りがないとよくわからない。

1回目、2回目は、仙台の友人が車を出してくれて助かった。
が、自分の自由には動けない。
気になっても再度ゆっくり訪ねることはできない。

それぞれ、明るいうちに夕方には帰宅しないといけないから。
私の都合に合わせ、無理して頂いているので、
そこは合わせることになる。

当時、10月の3回目、秋の訪問からレンタカーを借りて
仙台空港から動くようになった。
夜も自由に、自分の都合で私らしく動けるようになって
嬉しかったのを思い出す。

その時、国道沿いのパチンコ屋さんのネオンが
華やかに輝いているのが印象に残っている。
希望のイルミネーション・光に見えた。

震災前、ご主人がいつもパチンコ屋さん行っていて困っていた女性の話。
「前は、イライラして困った灯りだけど、
あの店のネオンが点いた時、ホッとしたんだよ(笑)」

いろんな意味で現地の方にはお役にたったのでしょう。
駐車場は、満車に近かったなあ^ ^

私としては、何だかホッとして頬が緩み、
心が温かくなり嬉しかったことを覚えている。

半年経ってもメイン道路以外は、まだまだガタガタ危険な状態。
夜は気をつけて注意深く動いていた。

訪ねる度に、道路沿いの街灯が増えていった。
ショッピングセンターやお食事処が新装開店、
コンビニもどんどん増えた。

いつからか、時間を気にせず、
自分の思いのままに行きたいところに行けた。

灯りが増えて、道路もキレイになり、
時間を気にせず動けるようになった。
が、年齢を重ね、私の目の状態が衰えて
夜の運転は控えめがいいことも改めて感じた。

特に雨の夜は、気をつけなきゃ。
それは、日常感じていることだけど^_^;

女川駅前・冬のイルミネーション1


女川駅前、冬のイルミネーション2


新しくなった女川駅の前のイルミネーション、
「海ほたる」もキレイでした。

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。