いい夫婦の日

一瞬の朝日


今日は「いい夫婦」の日ですね。
約20年前に語呂合わせから
設立されたそう。

今朝、パートナーが朝刊(天声人語)を読んでいて
「今日、何の日か知ってる?」と問いかけてきて、
まず何日かを思い出し「いい夫婦の日!」
と言いました。
当たってよかった(^-^;

あらためて夫婦として自らを見直し,
パートナーと話題にし会話のきっかけ作りには
いい日と思う。

で、「いい夫婦」ってどんな夫婦だろう。
私は、まず相手に関心を持つこと、
タイミングは大事だけど言葉にすること、
全部を言わなくていいと思うけど
色んな会話ができる夫婦が「いい夫婦」
と言えると思う。

結婚が絶対いいわけではない、
縁あって一緒になるなら関係は大事にしたい。
そして、一生添い遂げることが
必ずしもいいとは思わない…

なってみて・やってみて・話してみて
わかることがあるし、
周りとの関係性も違うし何がいいかは
それぞれ個人・家族で違うから。

他人さまは自分の経験・価値観で判断し、
想像するし意見を述べるけど、
そこに気持ちを持って行かれないほうがいい。

一緒に居たいと思っても
病気や事故などで思いがけないお別れもある。

いつ何が起こるかわからない、
どんなことも他人事じゃないと思ってる。
夫婦だけでなく、家庭・職場・近所・友人などなど
大切な人との会話は大事♡ 

時に自分との対話もかな。
話してみなきゃわからない,
聴いてみなきゃわからない。

我が家のことに戻ると、
今もだけど結婚当初から会話は多いと思う。
色んな出来事があり,
その時々に報告や相談はしたけど、
その出来事について自分の思いを伝える
本音の会話をしたかと言えば、
最初の数年はちゃんとしていなかった気がする。

病気・看護・介護・仕事の変化・阪神大震災…、
色んな出来事があって否応なくお互いに
相手の意見を必要とすることがあった。

そこで初めて相手の思い・考え方に触れること、
発見が多々あった。
振り返ればどれも貴重な気づきの経験になっている。
私たちは「運命共同体」とも言っている。

私の場合、結婚して8年過ぎた頃から,
「会話が大事」と意識したように思う。
それも感じたこと気持ちを本音で伝える、
主語は『私は』から。

家庭でも職場でも学びの場でも
意識したかな。
その頃って、企業の健康相談室に勤務し、
会社で社員のストレスマネジメント・健康管理に
必要と思い心理を学び初めた頃。

学んでいくうちに自分のイイコちゃんに気づき、
妻としても嫁としても
変化した第一歩になった気がする。
自分の見方・言い方・関わり方が変わることで
相手も変化することを実感した場面は多い。

結婚して20年頃過ぎた頃からかな、
気づいたことがある。
「違いが面白い! 人生が倍楽しい♪ お得だわあ」
ということ。

特に迷った時、心が凹んだとき、
相手の言葉・意見、行動で “そう来ましたか、
そんな見方もあるね、自分にはないなあ” と、
意見の違い・好みの違い・成育歴の違いに助けられ、
違いを楽しむようになってきたこと。

これまで約25年の心理の学び・お仕事は、
自分のためだったと改めて気づく今日この頃☆彡。

気質は変わらない、
思考パターン、行動パターンもそんなに変わってない、
そして気づきが早いし切替えが上手くなったと思う。
困った面も含め受容している、
間違いなく自分を楽にしているなあ。

人間関係の中で不自由を感じ、
自分に呆れ「あ~ぁ」と情けなくなったり、
それが自分の持ち味だと愛しく思うこともある。

また、人と関わることは小さな可能性にも気づき、
大切な人を理解し時に一緒に楽しむためになるのだと
気づかせてもらうことでもある。
師匠たちに感謝(*^^*)

写真は、今朝の一瞬の朝日、
昇りながらすぐに雲に隠れました。
そして雨に…

一日の中で時間の経過で変化することもある、
今日は雨だけど晴れる日もある。
人生そのもの、変化していくもの、
絶対はないんだよね。

ゾーゾーと花子、老後


絵は、「動物画の愛彩人」かつや君が
包装紙の裏に書いた「ゾーゾーと花子」の
老後の絵の下描きです。
捨てるのをもらっていました♡
この夏に描いてくれた『愛するゾウの物語』の一枚。

ゾーゾーが生まれ、スクスク育ち,
子どもの頃の幼なじみ花子との出会いから
結婚、子どもの成長・自立、穏やかな老後を描いた物語
のほんの一部から載せてみました。

24枚の絵、いつか絵本にしたい!
と思っています。
話が変わってきたかな(^-^;

こんな場面を味わえるように、
一つ一つ・一歩一歩、年を重ねて行こう、
まず自分から今を楽しんで♪ 
大切に思う人との時間・会話を大切にしよう☆彡

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。