安来市・白鳥ロード

一昨日の18日、「足立美術館」に行く道中、
思い出し、寄った場所があります。

安来市の能義平野にある「白鳥ロード」
前から白鳥のいる頃に
行きたいと思ってました。

白鳥の里、満開の梅


まずは、白鳥ロード沿いにある、
農村公園『出雲織 のき白鳥の里』という施設に。
そこにはバードウオッチングできる、
白鳥観察台(物見やぐら?」があります。

見渡してもどこにも白鳥は観えませんでした。
目立つのは、満開の花をつけた梅の木だけ。

諦めて、「足立美術館」に向かう途中、
遠くに何やら、動く白い物が。
“もしかして、白鳥⁉️”

食べ続ける白鳥たち


公共施設の近くでも食べ続ける白鳥


民家の近くでも食べ続ける白鳥


近くに行って確認!
白鳥(コハクチョウ)でした♫

白鳥の食事タイムを邪魔しないよう、
農道をゆっくり走りました。

停まる場所はなく、どうしよう…
と思いながら…

幸い、車の通りは少なく、
ハイブリッドでエンジン音は、ほとんどなく、
ゆっくり観ました。

一般的な優雅に池や湖にいる
白鳥のイメージとは、ほど遠く
必死にわき目も振らず、移動しながら
食べ続ける、ほぼ自然にいる白鳥に
感動さえ覚えました♡

生きる力を感じます✨

もう北帰行の時期です。
シベリアへの長旅に耐えられるよう、
頑張って食べて、
栄養を摂っているんですね。

ちょうど、私が白鳥達に会った18日
「米子水鳥公園」で今シーズン初めて
コハクチョウが北へ帰ってゆくのを
確認したとのネット情報がありました。
ほぼ例年並みだそう。

安来市の方々も、昭和50年頃に
白鳥が飛来してから毎年広域で見守り、
保護してるんですね。

この暖かさの中で会えたことに感謝♡
3月までいるでしょうか…

この写真のあと、1、2時間ぐらいで食事は終了。
鳥取県米子市にある「米子水鳥公園」に
帰っています、きっと。

幸せな時間でした(*^^*)♡

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。