「国のマスク」届いた^_^;

新型コロナ対策の予防対策とマスク


先週、神戸のポストに届いた。
先週末、松江コミュニティルームにも。
嬉しいと言うよりホッとした感じ。
心からの笑顔と言うより苦笑い^_^;

サイズが変。
届いた人の感想は聞いていたから驚かない。
使い捨てマスクサイズに慣れたせいか、
見てやっぱり”ちっちゃ!“って思った。

当ててみると十分覆われ問題ないけど
男女、誰が使うかわからないのに、
どうしてこのサイズなんだろう。

今夜のネットニュースで配布ほぼ完了
と書いていた。

【確認は大事】
今はもうマスクに困ることはなく、
不安はないけど確認したかった^ ^
それが「国(私たち)のマスク」
(アベノマスクじゃない)

二つ折りの表面、「みなさまへ」


すぐに必要じゃないけど
どんな物か実物を観たかった(≧∀≦)

【本当のマスク配布の目的】
マスク配布の目的について
最初は、国民が手に入らなくて
困ってたから。
それが全世帯への配布の目的。

側近の方からの提案に、
イイことだ!と思ったと同時に、
何か自分を見せたかったのね。
そう思っちゃった。

【郵送ポスト配布】
いつ頃から布マスク配布を始めたんだろう…
と思って調べたら、
4月17日から投函が始まったとのこと。
約2ヶ月かかって、届いたんだ…

他県だけど、友人の場合。
隣町には数週間前に届き、まだ届いてない
って言ってたけど、先週末届いたとのこと。

配布決定の頃は、マスク不足の真っ只中、
まず配布!って発表を急いだのね。

早く届いた人も、最近届いた人も含め、
「国のマスク」してる人、見たことないなあ。
お洒落な手作りマスクはよく見るけど。

【同封のお知らせ】
同封のお知らせ(説明書)、
初期の頃と変わったそう。

お知らせ、裏面

お知らせ二つ折、中面


汚れたり異物が混入していて、
8億円かけて改めて目視チェック
することになって回収。

その間に、お知らせの内容も
印刷し直したのね。
新たに印刷代をかけて無駄遣い
ってネットで書いてたなあ。
私もそう思う。

最初のお知らせより、
内容は充実してるみたい。
これもネットで見た比較写真で知る。

二つ折りの表は「みなさまへ」
裏は「新しい生活様式」
開いた内側には、色々書かれている。
「布マスクの利用・洗濯方法」
「日常生活で気をつけること」

【不思議な数、時期の違い】
各世帯(一住所)に、2枚の配布。
一人でも2つ、二人でも2つ
四人でも大家族でも2つ。
百人以上の学生寮でも2つ…

本当に国民のために配布を決定したと
言えるのかなあ…
急いでるからとりあえずってこと?
それにしても2ヶ月もかかるって。

全国に布マスク配送。
色んな人が(業者さんなど)動き、
多額の税金が使われている。

自粛要請を受けて休業し、
大変な思いをされている職種の方が
多くいらっしゃる。

私がその立場になったら、
どのように乗り越えるだろう。
考えただけでも辛すぎる…

要請を受けて休業に協力している
経営者・従業員(バイト含む)の方々に
協力金として税金を使ったほうがイイ✨
少しでも早く!そう思う。

【国(私、私たち)のマスクも税金】
「国のマスク」(私たちのマスク)
も税金。
アベさんのプレゼントじゃない。
だから、アベノマスクと言わない。

もっと有意義に使うような提案と方法
出せる人いないのかなあ。
最初、関係者から提案された時“それはイイ”
って思ったんだろうなあ。ア〜ァ

変なことしてたら、おかしい!と
止める人いたらイイのに。(願い)

内容は、全く違うけど、
これまでの色んな問題のことでも、
捨てたとか、記録がないと釈明。
資料を出したら黒塗り部分だらけで
理由は個人情報の保護にも関わると
正当化し、何となく終わってる。

どれも解決していない。
うやむやのまま。

実際その行動をとるのは、周りの人。
どんな思いでやってるんだろう…

こんなんでイイのかな…
未来を背負っていく子供たちに
大きな負担を残して、イイの?

【国のマスクの使い道】
マスクの使い道について
街角の回収箱に入れる、施設に寄付する、
大家族にお譲りする、など情報があった。
私も届くまで、どうしようか考えていた。

「防災・非常時バック」に入れることにした。
先日話した友人が、最近購入した「防災バック」
に入れたと聞いて、”良い案だわ、それだ✨“
と思った。

今、マスクは普通に市場に出回っている。
せっかく頂いたんだもの、
私も「防災バック」に入れることにした。

ただ、自宅と違う場所で災害が発生したら、
準備した「防災バック」は持ち出せない。
そんなことも思う今の私です^_^;

お申込み

各種活動へのお申込みは、フォームからお願いします。