「容」は一つの器=一人の人。集う人それぞれが受容・寛容・活容の「三容」を大切に、楽しみ・楽にいる場が「楽座」、合わせて『三容楽座』といいます。人はみな自分の座(場所・役割)を持っています。家庭でもない、職場でもない、地域でもない、自ら役割を外し力を抜く場所、新たな気づきが得られる場所、コミュニティーが『三容楽座』です。

  • 受容: これまでの人生、受け入れ、癒しましょう! 〔過去〕
  • 寛容: 今、ここの人生、そのまま、愛しましょう! 〔現在〕
  • 活容: これからの人生、すべてを活かしましょう! 〔未来〕
  •